cikamatto edition

cikamattoの日常や、好きなモノ、作ったモノのおはなし。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

イタリア戦



観にいってきました。バレーボール、イタリア戦。
チケットを2ヶ月前から予約して待ちに待った試合観戦でしたが、
ホント ようやく 日本がうまく機能して イタリアにストレート勝ちチョキ
いや〜 待ってましたよ。この日がくるのを。。
今回は ちゃんと 選手の名前のボードとか作ったり(栗原以外の)、友も
赤のボンボン作ったりして 準備万端にしていった甲斐があったわグッド
今回は 前日までの試合とはうって変わって、
まずサーブレシーブの返球率が77%。 これだけ竹下のところにサーブレシーブが
返れば センターの速攻も使えて 戦いやすくなるってもんだよね。
(ちなみに 負け試合の予選リーグでの対ブラジル戦のSR返球率37%、一昨日の米戦は62%)
でも 今回の勝因は センターのブロックが機能していたこと!
おすぎ(←杉山)と 荒木がどんぴしゃのシャットアウトは計4本なんだけど、
日本がサーブで崩していたから、伊の攻撃が単調なサイドのオープン攻撃になって、
アゲロやピッチニーニのスパイクを、ブロックでひっかけて、バック陣が竹下へ
正確にボールを返せる→速攻ができる。みたいな 好循環スパイラルなんだろね。
しかも 栗原の調子があがってきたらしく、なかなかよいアタック&サーブ
がきまっていた。いつもとは スパイク音が全く違って かなり威力のある 重い音だった。
(栗原は好きではないので ホントは褒めたくとこですが。。)
木村も結構よかった。
でも 昨日の殊勲賞は やっぱおすぎ。
いつもは不甲斐ない杉山で 前日は途中から多治見に変えられてましたが、
この日はチーム最多の14得点をあげる大活躍。
サイドの木村、高橋、栗原らが、最多得点をとるっていうのは、彼女らにトスがあがる本数が多いから、ある意味当たり前のことなんだけど、オスギにトスがあがるのは
センター攻撃が使える日本の調子が良いときだけ。
だから、まあ 杉山が活躍できるのは すばらしい佐野のレシーブと天才竹下のトス
があってのことなんですが、オスギも うち3本は伊をブロックでドシャットしてるし、
あがった速攻のトスを決めきれたってことで、初めてじゃないかと思うくらい
やっと合格点がでたんですわ。(ずっと 柳本監督にしかられっぱなしでしたから)

ということで 応援に行っておきながら まさか伊に勝てるとは思っていなかったので
良い意味で期待を裏切られました。


以下余談。
この日は 第3試合目が日本VSイタリアだったので、その前に2つ試合がありました。
1試合目が ブラジルVS中国(3-1でブラジル勝利)。 
2試合目が キューバVSアメリカ(3-2でキューバ勝利)。
お昼の12時から第1試合目の試合開始で1試合目も2試合目もどちらもストレートでは試合が終わらず 結構長引いていたため、観戦していた私らは 、日本戦を観る前にすでに
声が枯れ 疲労困憊。 
でも 2ヶ月前からチケットを取った甲斐あってか、アリーナ席の前から4列目で
選手が通る通路の隣に面していたの。
1試合目が終わって、最初中国の選手が通ったので まあ駄目もとで 
チョウヌイヌイとヒョウコンの名を呼ぶが 素通り。。
まあ 中国人て感じ悪いわ(昨日は中国負けたしね)こんなもんか〜。
お次 ブラジル。最愛のレナタは 今回12人のメンバーに残らず 来日していなかったのですが、まあブラジルは明るくって好きなチーム。
知っている選手の名前を呼んだら 次々にサインに応じてくれること!
3番マリ、7番のソウザ、13番シェイラ、14番ファビにサインしてもらえたし、
他の選手も 私らがマリやシェイラと呼んでいるのを聞いて、当人に私たちが呼んでいるよと教えてくれて、なんてファンサービスしてくれるんだ!と感激したわけなんです。
ほんとに もっとブラジルの選手の名前を覚えていて とっさに呼べれば、
皆にサインもらえたんじゃないかと思うくらいで。。
こんな 良い調子だったから、えっサインてこんな簡単に貰えるもんなのか?と
思ったんだけど。。

2試合目終了後は、アメリカは別の通路から退場しあっけなく終了。
キューバは 隣の通路通ったんだけど、なんか勝ったくせに皆 機嫌が悪い感じで
怒っている様子。一応ルイザとカルデロンの名前呼んだものの耳に入っていない様子。
ちぇ。キューバはなんか感じ悪!っていう印象だったんだけど、帰宅後こんなニュース発見。
−−
3連勝を飾ったキューバだが、試合後のベンチ前で仲間割れ。ラミレスとカルカセスの言い争いがおさまらず、つかみ合いのけんかに発展。2人は周囲に羽交い締めにされ、控室に消えた。 けんかの理由を知らぬまま記者会見に出たというペルドモ監督は「ラテンの血がそうさせたのだろう。勝っても熱くなってしまうのは、われわれにはよくあること」と笑顔を交えながら説明した。
−− 
なるほどひらめきです。

そして第3試合終了後。
日本が勝ったので 場内は日本の選手&監督インタビューのなか
イタリアが退場。あんまりイタリアの選手の名前を呼ぶ雰囲気ではなかったので
撃沈。(イタリアもファンサービスが良いと聞いていたので残念)
そして 日本選手が来る。
誰か反応してくれないかと期待したけど、誰一人としてふりむいてもくれない。
サインはしてくれないにしろ、別に声に反応してくれてもと思っちゃうのですが。。
両サイドに ファンがいるのに、選手は足元と前しか見ないの。皆が皆。
以前も、バレーの国際戦を観にいって かおる姫がたまたま斜め前に座ってたので
一応サインをお願いしたんだけど 全然駄目。なんでだろ。
結構ちゃんとファンやってんのな〜

というわけで 日本の選手は ファンのしがいが無いので 
今日から 日本は辞めてブラジルの応援を本格的にしようと思ったりして。
まあ 北京は一応応援するけどね。なんてどんっ

  
photo by cikamatto

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links
1 / 1

このページの先頭へ