cikamatto edition

cikamattoの日常や、好きなモノ、作ったモノのおはなし。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

フレンチ



昨日 OL時代の同期友3人と 銀座ロアジスというフレンチへ行きました。
前日に友が見つけてくれて急遽予約したのですが 大満足な味で。
我等が選んだフォアグラコースの内容は
・一口サイズのアミューズ
・鴨フォアグラのポアレ
・パスタ
・牛サーロインのステーキ 赤ワインソース 季節の野菜添え
・デザート+カフェorティー
というものでした。(あんまり覚えてなくてすみません。食べるのに夢中で)
どれを食べても美味しくって、食事と一緒に出してくれる
焼きたてのパンがこれまたほんとに絶品。
パン下さいって何回も催促しちゃったね(笑)
なんか 食ネタを書くと自分の語彙力・表現力が足りずに
美味しさを表せないのが悔しいとこで(彦摩呂になりたい!)、
それでもめげずに続けますが、、、
昔 パリの美味しいエスカルゴ屋さんに入ったとき
日本で言うところのフランスパン(本場では言わないらしいから)
を次から次に出してくれて 私らも次々に食べて、ほぼそれだけで
お腹いっぱいになったのを思い出しましたよ。
しばらく パリにもいけないだろうから フレンチ食べて雰囲気を味わおうっと〜

体重増加注意のハンコ押され、来週の月曜に検診を控えた妊婦なのに
こんなに 高コレステロールなディナーしてよいのかって 思いますが
明日から頑張ります。(DIETは明日から〜るんるん
でもこのお店 ほんとおススメ!! サービス料10%かかりますが
こんど旦那とまた来ようって思いましたわ。
こってりしすぎずほど良いお味のフォアグラと
ミディアムレアなサーロインの味が忘れられないだけなんですがね。。
やっぱ私って肉食なんだなぁ〜

でもこんな夜遊びしている日に限って 
きょわーい義理父から電話&メールがあって
冷や汗かきつつのディナーだったんですがね。


photo by cikamatto

お初



先日 佐世保バーガーなるものを初めて食べた!
昼ごはんを食べ損ねて、3時近くになってしまい
ものすごくお腹が減っていたせいもあるかもですが
期待以上の美味しさにビックリ!!
ハンバーガー食べて感動するなんて思ってもみなかった。

そもそも 佐世保バーガーは 1950年頃、長崎の佐世保米軍基地に駐在していた
アメリカ人から佐世保の人がハンバーガーを教えてもらった事が始まりで、
それはマクドナルドの上陸よりも早いそう!
なので、佐世保に行くと色んな種類のハンバーガーショップがあるそうなのですが、
(ベーコンエッグバーガー、チキンカツバーガー、ステーキバーガーなどね)
共通する事はー蟶遒蠅猫⊆家製マヨが入ってることらしい。

で 私が行ったお店は 自由が丘の ZATS BURGER CAFEなんですが
このお店の社長が、佐世保生まれ佐世保育ちの方で、佐世保の有名店で修行し、
佐世保バーガーで日本一美味しい物をつくって佐世保を有名にしたいと
味を改良&進化させて今日の「佐世保バーガー」を作ったそうです。

中のお肉のパティが100%国産牛で、その上に赤玉エッグ、チェダーチーズ、ベーコン、オニオン、トマト、レタスが入っていて、マヨとソースが絶妙なバランスで。。。
言うことなかった。

よく我が家で、朝ごはんに
焼いた食パンの上に、バジルペースト+マヨ少量+(たまにチーズ)に
レタス、トマト、ベーコン、半熟目の目玉焼きをのせて食べる
好物があるのですが、
この佐世保バーガーには手も足もでない感じで、完敗しました!!

佐世保バーガー恐るべし! 
ちなみにレギュラーサイズで充分満腹になりました。
(あっ、でも佐世保バーガーって、2003年から世に出たそうなので
私が知らなかっただけなのかもですが。。)

photo by cikamatto

いちご狂



最近 毎日いちご1パック食べてるんじゃないか〜というほど
いちご狂な私。
この季節は どこもいちごフェアなる物をやっていて 嬉しいことこの上なしだね。

最近連続して 原宿と恵比寿の駅ビルの千疋屋の前を通ることがあって
いちごフェアのメニューを目にしつつ 通り過ぎたものだから
もう頭の中は 千疋屋・いちご・千疋屋・いちごに!!!

先日 新宿で友達と会う機会があったので
千疋屋ではないけれど 新宿高野に一緒に行ってもらっちゃいました。

いちごのメニューが沢山ありすぎて 選べないほど充実してたけど
私が選んだのは この「あまおうのパフェ」。
さいこ〜
いちごもやっぱ 高野で出すに足る 最高に甘いのあまおうだし
パフェの中にはいっている いちごシャーベットと
バニラのシャーベットも 甘すぎず こんな私好みのパフェをありがとうって感じでした。(ちなみにいちごはあまおうととちおとめとあと1つから選べました) 
は〜 思い出すとまた行きたい。
皆さんも 是非御賞味あれ。

photo by cikamatto

世界のキッチン



11月11日、またまたキリンビバレッジから世界のキッチンシリーズの
ドライフルーツ&ダージリン発売されましたね。
私、一番最初の レモンピール漬けはちみつレモンに だいぶ はまってしまい、
京都時代近くの西友で1本100円で販売されてたので、西友に行くたび
10本づつとか、売られているもの全部とかバカな大人買いしてたので、
なんか この世界のキッチンシリーズは愛着があって
新商品が出ると 飲んでみちゃうんです。

このシリーズ、今まで9個の商品出てますが
いまだ レモンピールを超える出来のものは 出ていないというのが
私と旦那の感想。。
少し前に出た、水出しミントジュレップと今回のドライフルーツ&ダージリンは
個人的には合格点ですけど。。
ちなみに オレ系の三種(コンフィチュールオレ、カラメルオレ、麦カフェオレ)は
どれも美味しいけど、なんとなく他の会社の作ったオレ系と差別化できてないような
気がして 落選。

ということで いつの日か 新しい世界のキッチンシリーズで
レモンピールを超える商品が出ないかと 期待する日はつづく。。。


ちなみに発売された世界のキッチンシリーズ(発売順)
.圈璽訥劼韻呂舛澆張譽皀
▲妊アボロジンジャー
とろとろ桃のフルーニュ
す瓩个掲カフェオレ
ゥラメルオレ
Ε泪札疋縫▲哀譟璽
Д灰鵐侫チュールオレ
┸綵个轡潺鵐肇献絅譽奪廛宗璽
ドライフルーツ&ダージリン







photo by cikamatto

un Pur


先月から 青学西門近辺の雑貨屋さんで ちょこっとバイトを始めたんですが、
お店に買い物に来てくださる あるお客様が 
池袋でカフェをはじめたというので 行って来ました。

店内は、アンティークの家具やら、雑貨がかわいらしく飾られていて、
バイト先のお店で買って頂いた、
お高〜いアスティエのお皿&カトラリーなども お店の什器に
惜しげもなく使われていたりして とっても贅沢なかんじ。
でも お皿の値段を知っている私としては
タルト生地の硬い部分を、フォークでさしたときに
間違って大切な大切なアスティエの皿を割ってしまうんじゃないかと
びくびくしながら食べてましたが。。。

お味は お菓子教室を開いている方だけあって間違いなかったです!

強いていうならば、ケーキのサイズが乙女サイズなので、
私の小腹は全くもって 満たされない感じでしたが。

あんな可愛いお店なのに 場所柄か お客さんが、
サラリーマンのおじちゃんのような方が多かったので
きっと アスティエのお皿の素敵さとか 
空間のこだわりとか 気にしないのかな〜と思うと
ちょっと残念ですが。。。
(ケーキに使われていたお皿で1枚8000円以上軽く超えますからね)

とにもかくにも そろそろ よいお歳ですので
小さくて美味しいお菓子で満足できる人に ワタシモナリタイ。。
(宮沢賢治風)


photo by cikamatto

ドトール派



私、だいぶドトール好き。
いつも 1人で外に出て 小腹がすくと ドトールを探してしまう!
もちろん 全くもって 禁煙者なんだけど、食べ物系は 
スタバよりも エクセルシオールよりも タリーズよりも
断然ドトール。
 
近年は ずっとミラノサンドCにはまってる。
最近 この Cサンドがちょっと新しくなって、炭焼チキンときんぴらの柚子胡椒ソース
になったみたいだけど Cサンドの基本は 照り焼きチキン。
今回のは、キンピラとかかつおだし醤油と柚子胡椒で作ったソースを使って、
和風に仕上げています!
 
たぶん 毎日でもしばらくいけそう!

もちろん普通に、ジャーマンドックも美味しいし(足りないけど)、
グリルチキンベーグルとかも Cサンドの代わりに食べたりします。

きっと その場で作ってくれるから 美味しいのかな?

こんなに ドトール好いてますが 消してマワシ者ではありません。

いつか禁煙ドトールができるといいんすけどね。 


photo by cikamatto

L'anniversaire de mariage



先日、旦那が日帰りで名古屋出張に行き、だいぶ早く仕事が片付いたようで
4時過ぎには 家に帰ってこられる 珍しい日があった。
そろそろ結婚記念日だし。。と思い、たまには美味しいディナーをと 
前から目をつけていた 二子玉のフレンチ屋さんへ行ってみた。
席が20席位しかない小さなお店なんですが、
ここのシェフはパリのミシュランの星付きレストランや 
ホテル・ドゥ・ラ・トゥールで修業したっていうかたなので 多分間違いないだろうと。
 
やっぱり 期待を裏切らないお味でした。お値段もそんなに可愛くはないですが。。
前菜で選んだ 魚のスープが こりゃ家では絶対に作れないような 濃厚な味で
ものすごくデリシューでした。 
フォアグラのテリーヌも、パンに対しての分量が多すぎて 
ちょっとしょっぱいっていう私の失敗がなければ 見事なお味で。。でも完全に太る味。
上の写真は、和牛ホホ肉のブルギニョンです!お肉がやわらかいの。。言うこと無いです
。今日学んだことは、ブルギニョンっていうのは 赤ワイン煮込みだということです!
勉強になりましたね。
旦那が頼んだ 仔羊背肉のローストなんて 今まで食べたラムの中で一番美味しかったんじゃないかぁ〜。
まあ そんなに滅多に来るわけじゃないから たまにはよいんだけどね、
でも 以前フランスに行った時は コレくらいのコースの分量とお味のお店だと
半分くらいの値段でいけたよな〜と思って やっぱフランスは食の町だからかな〜?
と主婦は思うわけです。。
フランスは まあ ワインがべラボウに安いからね。

こちらのお店 シェフ1人、奥様がサービス担当してくれてるのですが、
私らが 一番乗りで8時に入店して トータル4組がお食事したのですが、
まだまだ 席は空いているのに 途中予約なしで 来たお客さんを次々に
断ってたの。。。
シェフ1人だと 自分のペースでお料理できないからかな??
儲け主義じゃないところはよいけどね〜 ちょっとびっくり!!

ということで これから結婚して3年目を迎えることになりました。
まだ3年目?!って感じです。色々ありすぎて。。(笑)

いつも悩むところなんですが、入籍した日と結婚式の日が違うときは
どっちが結婚記念日なのかしら??やっぱ結婚式の日が結婚記念日なのかなぁ???
まあ どっちもお祝いすればいっか〜プレゼント


photo by cikamatto

豚子新地


田園都市線の二子新地に越してきて 近所をお散歩していたときのこと。
多摩川沿いの 岡本太郎作 岡本かの子碑のほど近くに
『豚』と書かれたお店発見。
近くに寄って見てみると 『豚子新地』という豚カツ屋さんのモヨウ。
さすがに 乙女一人では 豚カツ屋さんには入りづらいので
後日旦那を連れてリベンジすることに。。
4月1日初入店。
カウンター6席だけの小さなお店。
ただ いろいろなこだわりがあるようで
まず 豚。『エゴマ豚』という、脳細胞を活性化させたり、血中の流れをよくしたり、
アレルギー症状を改善させたりと体によい エゴマを餌に混ぜた 豚を使っていて
豚肉がとても柔らかく美味しくいただけます。

そして その豚を ソース以外に 塩で食べるのが 『豚子流』
伯方の塩や、シチリアの岩塩、ローズ岩塩など6種類くらいのお塩があり
お塩と黒胡椒や、白胡椒をかけていただきます。
ちなみに私は ヒレカツに フランスのゲランドのセルグリ+黒胡椒がお気に入りです。
 
さらに お皿や湯のみなどの器もまた 素敵なんです。要チェック!!

我ら 友達が来たときに 連れてきたりなどして、この2ヶ月に4回ほど来店した
なかなかの常連さんです。
私 家では揚げ物をほとんど作らないため 旦那に揚げ物作れ作れと言われていたときの
なんだか ちょうどよい解決策?!を発見したようでめでたしめでたしなわけなんです。

photo by cikamatto

かき氷の季節です


そろそろ かき氷の季節がやってきました。
これは 京都に住んでいたころ 家の近くの 桂離宮前の
老舗の甘味処「中村軒」のマンゴシロップかき氷。
季節限定の代物で
4〜6月はいちごかき氷
6、7月はマンゴシロップかき氷
8、9月はすだちのかき氷
とどれも甲乙つけがたい美味さ。
マンゴもまた いったいいくつのマンゴの実を使っているのだ?と思うくらい
熟したマンゴをミキサーでつぶして作られたシロップが 
これまたさらさらの氷の上にたっぷりとかけられており 
その濃厚な甘さは 忘れられない味に。
しかも お代わり用シロップもついているのですから。
こんな 美味しいかき氷屋さん 東京でさがせるとよいな。

photo by cikamatto

すき焼き


京都ですき焼きといえば 明治時代からつづく創業130年の老舗 三嶋亭。
寺町三条にある本店は 店構えも立派ですが お値段もやっぱり立派で 
いつも 前を通るたびに いつか食してみたいとおもっていたのですが。
京都大丸のデパートの三嶋亭精肉コーナーに隣接された イートインコーナーで
なんと 同じお味の すき焼きが1500円程度の 破格のお値段で食べられちゃうんです。
そりゃ 雰囲気は期待できませんが、本店に入るには “大蔵省”をつれていくか
お店に入るに足る風格?みたいなものも必要な気がして
我らヒヨッコではまだまだですのでね。
もちろん イートインコーナーでも お肉はとろけてましたし
この画像をしばらく 私の携帯の待ち受けにしていた程ですから
とても おいしゅうございました。
いつか 本店で 女将さんにお肉を 一枚一枚焼いてもらう日を
夢見て ガンバローっと。




 
photo by cikamatto

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links
1 / 1

このページの先頭へ